総合収集運搬管理システム

清掃事業という静脈産業に
AI・IoTを活用し
新たな事業価値を創造していく
自治体様・受託業者様向けサービスのご案内

清掃事業の現状

人口減少社会が現実となるなかで、行政における清掃事業に関わる職員数の減少や事業をよく知るベテラン職員の退職などにより事業ノウハウを継承することが難しくなっています。そのため、事業継承が容易なシステムづくりと効率的な事業運営が求められております。

更には、パリ協定実現に向けた低炭素社会への取組も静脈産業である清掃事業も例外ではありません。

画像

経験や知識をデータベース化し、
ノウハウを財産にしませんか?

AI・IoTの技術を用いた総合収集運搬管理システム

スマホ関連サービスの普及やAI技術の成長を見据え、収集運搬業務もシステム化による情報の一元化、正確で最適な処理を行うべく、収集区域内のごみ集積所をデータベース化いたします。収集運搬管理システムによりデータベース化された集積所のデータを元にAIで最適な収集ルートを構築します。

住民と自治体様、受託事業者様が相互コミュニケーションを取れるツールとしてパソコンやスマートフォンアプリから粗大ゴミ等を24時間受付られる機能を提供いたします。

アナログ管理からデジタル管理へ

  • 紙による管理からデジタル管理に移行します。(紙台帳から電子台帳へ)
  • 住所を入力することで集積所の検索が可能です。
画像

管理画面

  • 集積所の管理、ごみ収集車の管理など各種設定
    は管理画面から行います。
画像

住民アプリ

アプリによる集積所の新規登録・変更・廃止

  • 住民がiPhone/Androidアプリを利用して集積所
    の新規登録・変更・廃止の申請ができます。
  • 集積所の申請はGoogle Mapsから選択が可能で、
    分かりやすく簡単な操作で行えます。
画像

収集経路最適化システム

ごみ収集車における最適経路の自動生成実現を目指します。

収集運搬管理システムによりデータベース化された集積所のデータを元にAIで最適な収集経路を構築します。

道路の幅員や一方通行も考慮した最適経路の生成と、適切な車種・車両の選定も自動で行います。

  • 経路長短縮による作業時間の短縮、収集車の燃料消費削減、排ガス削減
  • ごみ収集車種の指定が可能
  • 災害時、非常時の経路変更
  • ゴミ量の把握や収集のシュミレーションが活用出来ます
  • 清掃工場稼働停止(メンテナンス等)による経路変更
  • 自治体ごとにオリジナルのカスタマイズ可能(オプション)

*北海道大学発認定ベンチャーとの共同開発

ごみ収集車経路最適化システムの特徴

  • 始点・終点の指定が可能始点となる清掃事務所や終点となる清掃工場が能率ごとに設定可能
  • 一方通行を考慮収集可能な道路の向きを考慮
  • 複数種類の車両を考慮車幅、積載量等を考慮。車種ごとの経路を算出
  • 時間の考慮収集開始時刻、終了時刻を設定可能。制限時間内の回収経路を算出
  • 作業者様のさまざまな意向を考慮

粗大ごみ、廃家電の受付管理

粗大ごみ、廃家電の申込みを住民アプリから申請できます。

アプリは iPhone、Android に対応しています。

申請内容は管理画面から確認が可能です。

  • 収集、持込の選択収集、持込で異なる価格の設定
  • 検索機能排出品目名のフリーワード検索
    カテゴリリストから選択
  • カート機能カートに排出品を追加、削除、確認
  • 排出設定排出場所指定、排出日指定

プレスリリース

2020年10⽉13⽇
AI・IoT技術を⽤いた総合収集運搬管理システムの開発について

お問い合わせ&資料請求

  • AI・IoTの技術を活用した収集運搬の効率化
  • 低炭素化社会への貢献
  • 清掃事業における技術とノウハウのデータベース化

画像

up